夏は塩分不足!と言い。冬は塩分の採りすぎ!と言う。なぜ?

   

森下敬一 『食べもの健康法』

 

● 自然塩

いま最も冷遇されている食品に一つは、塩である。
塩をとりすぎると高血圧になりやすいとか東北の米どころに脳卒中が多いのは白米の害も
さることながら、塩をとりすぎるためとか、と盛んにいわれているのが原因だ。

しかし、塩というものは砂糖と違って、そう大量に食べられるものではない。
普通の味つけで食べておれば、ほぼ適正量が摂取されるという性質の食品だ。
すなわち、現代人は量的には過剰摂取ではない。

だが、実際には、たしかに塩によると考えられる害作用がいろいろと出ている。
たとえば、早老現象、病的脱毛(ハゲ)、虚弱体質、無気力などの増大がそうだ。
これは、ミネラル欠乏塩を取っていることが原因だ。
つまり、塩の質が悪いのである。

本当は、ミネラルのたっぷり含まれた自然塩(あら塩、焼き塩など)を用いなければならない。
いま使っている真っ白い塩(精製塩)を、自然塩に切りかえるだけでも、健康状態はガラッと
変わってしまうはずだ。
胃腸の調子が良くなる、疲れにくくなる、夏バテやカゼと縁が切れる、やる気が出てくる
・・・というように心身ともにシャンとしてくる。
それというのも、われわれの生理機能において重大な役目を果たしているミネラルが効果的
に補給されるからである。

塩の主体は塩化ナトリウムで、それに自然塩では、カルシウム、カリウム、マグネシウム、
マンガン、鉄などの多彩なミネラル類が10~15%も含まれている。
自然塩は、いわば海水のエッセンスだ。
なぜ海水のエッセンスが、われわれの生命活動にとって不可欠かというと、生命はもともと
海の中で発生したからだ。生命というものは本来保守的なもので、生まれ育ったときの生活
条件をいつまでも要求するものである。

われわれの体をこしらえている細胞の一つ一つは、原始的な単細胞生物と考えてよい。
この原始的生命は、今も依然として血液という海に浸されて生きている。
実際、血液のミネラル組成は、太古の海のそれとそっくりなのである。

ミネラル不足は生命力を低下させる。
実作用の現れ方はまちまちで現在激増している慢性病や異常児出産の背後にもミネラル不足
が横たわっていると考えてよかろう。元々日本列島は酸性土壌で、農作物のミネラル含量は
少ないのだから、自然塩の役割は重大だ。
それなのに現代人は、99.9%が塩化ナトリウムの精製塩をとり、白米や白パン、白砂糖など
のミネラル欠乏食品を常食しているのだから、体が弱くなるのも当然の話だ。

(了)

特にお勧めしています

1
ソンレイル あなたを笑顔にする施術メニュー 

ありがとうございます。感想を頂いています。http://hikakusoudan ...

2
「心静かに」 流しておくだけで災難が去っていきます。光明真言

  光明真言・すべての災難を取り除く最強の真言 「おん あぼきゃ べい ...

 - 森下敬一先生 健康談話, 食べ物、食品